世の中、平和すぎるから問題が起こる

今、世の中って平和ですね。

戦後、日本は焼け野原から立ち上がり経済大国になりました。

そしてどこの国よりも安全な国ですね。
このことだけ見れば日本は何も問題がなく理想的な国だと言えますね。

ところが現実はどうでしょうか?

今の日本は人間の精神が疲弊していると言われています。
その証拠に世界保健機関(WHO)の調査によると、日本は自殺が多く世界全体で
18位に位置しています。

これから日本はどうなってしまうのでしょう。

つまり申し分ない平和な環境でありながらも、幸せを感じることが
できない体質である。という論理が成り立ちますね。

戦争のない時代に生まれても、心の戦争は常に個人の中では続いている
ということなでしょう。

心の戦争がひいては夫婦や親子の戦争に発展しています。

私は昭和30年代初期の生まれですが、その時代背景はまだ敗戦後の
物不足や、交通や生活環境は貧しいものでした。

ようやく我が家も洗濯機を買って手回しの脱水をしていたことを
思い出しています。

lgf01a201308021100

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、青年期、急成長した過程をずっとウォッチングしてきました。

そして現代、たいていの家にはすべての電化製品が揃い、さらに
インターネットやソーシャルメディアの全盛期です。

今、振り返るとあっという間にこんな時代が来た。
という印象です。

さらにゲームの復旧がすさまじく、ある意味、子どもも大人も
熱中してできるようなものがどんどん開発されています。

youtuberと言われる人たちがもてはやされ、画像をアップして配信するとか
パソコンを駆使して仕事をしていくことがカッコいい!という印象があります。

昔の人たちは汗を流して労働をいとわず、季節がくれば地方から出稼ぎに
出ても家族を養うという時代でした。

そういう風潮はもうどこにも見られません。

平和から与えられる恩恵も大きいけれど、平和が当たり前になると
その恩恵は弊害になることもありうると思います。

もっとしっかりと生きていこうとか、飛び交う情報に振り回されずに
自分の生き方を見つめる時間、機会が薄くなっているような気がします。

昔は、今のようにゲームや風俗などのようなものは、巷にあふれては
いませんでした。

世が世なら、たとえば有事の時、戦争の脅威とかが現実になったら人間はもっと
緊張感を持って生きるかもしれません。

ファッション雑誌とか動画を見て楽しんだりする時間を、より密度のある
過ごし方をするかもしれません。

人間は命が守られない環境や病気で余命宣告をされても、依然として
のんきにゲームに興じているほど愚かではありません。

どこかに自分の人生や命の価値を追求して価値観を構築しようともがくでしょう。

 

体験セッションはこちら

button_200-60_kaku_12_blue

 


にほんブロ

2 件のコメント

  1. しゅうsays: 返信

    拝見しました、同感です。
    これから世の中は、更にネットや電波を通じた見えない物で溢れ、個性や倫理観、言葉の重みが失われていくでしょう。
    私が生まれる前の時代は、暴動や人の目に見える争いがまだ残っており、祖母からは食べることにも困った時代だったと聞いています。それは貧しい時代だったかもしれませんが、聞いていて、何処か人の感情や渇望や生きる知恵を感じました。
    今の時代、私が生まれて10年ほどだと思いますが、豊かに生きることは当たり前であり、時間は無限にあり、欲しい物はボタン一つで手に入る時代です。古き良きものを重んずるだとか、誰かを守るだとか、そういうことは公言すると周囲から笑われるような時代です。
    例外は、災害や瀕死の想いを経験した人だけです。そういう人間は自分の今までの価値観がどれだけずれていたかを受け入れられます。
    現代は命から遠い時代です。多くの人間が、ありあまった命をどのように浪費して時間を使うかだけを考えています。そして、これはもはや歯止めがききません。
    人間は、精神の成長を遥かに上回るテクノロジーや趣味趣向の発展にだけ力を注ぎ、目に見えないものは無視してしまっています。
    私はそんな時代の中で、せめて自分だけは自分らしいく生きていきたいと思っています。
    大衆が渡る鉄の橋の先に楽園があっても、私は木の橋を渡り自分の道を行きたいと思います。

    最後になりましたが、私は30歳の消防士です。
    自分の職務と世間の価値観のずれにもがき、ネットで拝見しコメントさせて頂きました。

    • joykobosays: 返信

      しゅうさん
      貴重なコメントありがとうございます。
      日本は世界をリードするにふさわしい素晴らしい文化を持っており
      家族を大事にする民族でした。
      しかし、何かが少しづつ、おかしくなっている、ということは海外から
      帰国するたびに、感じるのです。
      今後、世界情勢が大きく変わっていき、近隣の国同志のまさつなどもあり
      日本は自国を守って行くべきですね。

      私はそんな時代の中で、せめて自分だけは自分らしいく生きていきたいと思っています。
      大衆が渡る鉄の橋の先に楽園があっても、私は木の橋を渡り自分の道を行きたいと思います。

      このようなしゅうさんの言葉を私も深く受け止め共感しました。
      戦後、間もない貧しい時代を経験した私ですが、我が身を
      振り返り身を引き締めて生きていきたいと
      思いました。
      本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

http://www.fufuenman.com/wp-trackback.php?p=1131

PAGE TOP