結婚相手の選択が先祖の選択と同じ傾向になることとは?

人生のシナリオは、あらかじめほぼ決められている・・・・
ということを聞いたことがありますか?

そうなると、私たちはその出来上がっている脚本の通りに生きる
ことになります。

確かにそうかもしれないですが、自分のシナリオがすでに
出来上がっていた。と聞いたら納得できるかというと
やっぱりショックですね。

今、悩みを持っている人は特にそうかもしれません。

人生の脚本はすでに出来上がっている。
結婚する相手も生まれたときから決まっている。

結婚前はそんなことがとてもロマンチックに思えたのに
数年もすれば「あれは間違った選択なのか?」などと
考えてしまうこともあります。

でも、私はこう考えます。

人は常に選択の連続です。
実は人生はあなたが何を選択したか?で今後も決まるのです。

今もこの記事を読もう、とあなたが選択しています。
読みたいと思う気持ちを優先した。という選択をしたのです。

どちらに行こうか?
どの道に行くかはおそらくあなたの選択で決まると思います。

私たちは親から生まれ、親から育てられたのでその記憶が潜在意識に
深く根付いています。

これは普段、意識されないのですが、どこでそれが現れるのかと
いいますと、人生における重大な決定をするところです。

人生の転換の時にその決断とか選択をするときにそれが
顔を出すのです。
選択はあなたの心のフィルターです。

なぜか、自分の思った生き方ができない、自分はこうでありたのに
どうしていつも、こうなの?

という部分があるとすれば、おそらくそれはあなたが家族、もっと言えば
先祖からもらった影響で選択肢を無意識にした結果と言えます。

Dollarphotoclub_70570598 1

 

 

 

 

 

 

たとえば結婚相手を決めるとき。

相手を決めるときは、先祖の背景が一番、現れやすいのです。

先祖の選択したこと、経験、感情が遺伝的に私たちに作用して
なんとなく好きになるとか、心が惹かれる、などの思いが生じます。

これは理屈を超えています。

理屈ぬきに「なんとなく好き・・・」とか「なんとなく嫌い」という
世界は全部、先祖とか家族からの影響です。

ふっと浮かぶ思いや感情などはすべてあなたの潜在意識の作用です。
先祖もおそらくあなたと同じ悩みを抱えていたに違いないのです。

結婚生活で障害が生じるときは決まってこの潜在的なものが
邪魔していることがほとんどです。

がんばってもがんばっても前に進めず報われない。
理想の相手と信じていたのに反対方向に行ってしまう・・・。

行く手には様々な障害があるような気がする。

この選択は間違っていたんだろうか?
ずっと自信が持てないままだったりします。

でも、ここで立ち止まってみましょう。
この選択肢は変えることが可能なのです。

もちろん、旦那さんを変える。のではありませんよ^^

ただ、自分の潜在的な問題に気づくことが必要なのです。

人生は一度きりなのです。

自分の脚本の書き換えをすればそこから、新しい選択をして
新しい人生に出会うことは可能です。

そのためにあなたの心にある潜在的なものを
知っていくことが大事なのです。

これは勇気もいりますが、自分を好きになり自分らしく
生きていける大きな転換点になります。

未来にある自分に出会うことに希望を持って生きる道を
選択しましょう!
体験セッションはこちら

button_200-60_kaku_12_blue

 

人気ブログランキング人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

http://www.fufuenman.com/wp-trackback.php?p=1259

PAGE TOP