帰宅恐怖症について【離婚回避のヒント】

私のクライアントさんに「旦那さんはいつ帰宅するんですか?」
とお聞きすると、たいてい「夜中近くまで戻らない」
という人がとても多いのです。

仕事とは言え、そんな風に旦那さんの帰りが
遅くなる背景にはいろいろな事情があるのです。

帰りが遅くなるまでどんな経緯があったのか、
それまでに家庭の中でどんなことが
起こっていたのかを知る必要があります。

家に帰りづらくなる男性の心理について
よくよく知ってほしいことがあります。

「帰宅恐怖症」はほとんどの場合が男性で、
女性にはあまり見られません。

男性には女性とは家に対する観念の違いがあります。

●妻にとっては家は生活の場
●夫にとっては家は安心と慰安の場

妻にとって、家庭というものは生活の場そのものなので
外で用が済めば、当たり前のように家に戻ります。

 

 

 

 

 

 

 

ところで夫にとっての家庭とは何でしょう?

そこは“安らぎ”や“癒し”を感じる場所だと認識しています。

ここでいう居場所とは「心の居場所」のことを言います。
男性は家庭に以下のようなことを求めます。

・何より自分が優先されている
・すべて受け入れられ、信頼されている
・足を伸ばしてゆったりとリラックスができる

このような条件が満たされていないと
「ここは俺の居場所じゃない」と感じるものなのです。

奥さんや子供たちからの尊敬が感じられなかったり
休息を脅かされるような気配を感じると、
男性は次第に家へ帰ることに抵抗を感じてしまうのです。

まっすぐ家には帰らず、寝る時間ギリギリになるまで
時間を潰したり、仮に早く帰ったとしても、自分の部屋などに
引きこもってしまいます。

妻がこのような夫の心理がわからないままで
いることはとても危険なことです。

ほとんどの不倫問題の引き金は、「居場所探し」
なのです。

旦那さんの女性問題が起こった後からやり直す
というのでは、大変なエネルギーを必要とします。

このリスクを避けるためにはこれら男性の特性を
よく知ることが大切なのです。

 

体験セッションのご案内はコチラ

お知らせ
    運気を引き寄せる「夫婦学メルマガ」
を希望の方は
コチラをクリック
    体験コーチングのご案内はコチラ

 

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村左矢印ポチッと応援ありがとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

http://www.fufuenman.com/wp-trackback.php?p=2234

PAGE TOP