ゆでガエル現象について【夫婦修復のヒント】

寿命が長いことはいいことですが、
いかに幸せに過ごすのか?はより重要課題
となります。

厚生労働省の調査によれば2014年の日本人の
平均寿命は女性86.83歳、男性80.50歳。

今や日本は世界有数の長寿国となりました。

当然、夫婦として生きる時間は、
長くなり、さらに子どもが巣立ってからも

二人だけの長い時間が残されます。

夫婦であることにストレスを感じるような関係では
長ければ長いほど、苦痛な人生になります。

人には今の現状から抜け出したくないという
性質があります。

つまり変化を恐れる性質です。

ところで「ゆでガエルかえる理論」って知っていますか?

これはアメリカでは有名な例え話ですが、
カエルをいきなり熱湯の中に入れると驚いて
飛び出します。

ところが、常温の水に入れてゆっくりと
熱すると、その温度変化に慣れていき、

「あぁ、い~い湯だな・・・」と浸かっているうちに
生命の危機に気づかずそのまま、
ゆであがって死んでしまうそうですかえるん(あー)

ゆっくりと進行する危機や環境変化に
対応せず楽観視しているといつしか
収拾がつかない深刻な事態が起こってしまう。

その時にあわててももう遅いということですね。

本質的に人は過去に固執し、ぬるま湯に
浸っているほうが楽なのです。

困った、辛い、苦しい、と言いながらも、
今の現状でもまあ、いいや。と思っている自分が
いるのです。

そのうち、夫の機嫌もなおるだろう。と
楽観しているうちにどんどん修復が不可能な
レベルに入ってしまうのです。

体験セッションのご案内はコチラ

お知らせ
    心が軽くなる夫婦のルールを知るメルマガ
を希望の方はコチラをクリック
    体験コーチングのご案内はコチラ
メルマガ応援ありがとう^^
にほんブロ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

http://www.fufuenman.com/wp-trackback.php?p=2274

PAGE TOP