結婚の相手は自分が一番、苦手なタイプが来るようになっている【夫婦修復のヒント】

本来、家族というシステムは宇宙が作った
「幸せの生産工場」のようなものなのです。

夫婦は本来、愛し合うように、プログラムされています。

しかしながら、年がら年中、平穏で陽だまりのような
カップルはごく稀です。現実には、この生産システムが
機能不全になる時期は、やってきます。

結婚直後はしばらくはバラ色の日々が
続くかもしれませんが、ある期間が過ぎれば
いよいよ修行が始まります。

これこそが、夫婦の本番です。

夫婦仲が悪くなると、いいことはひとつも起こりません。

なぜか不思議に悪い連鎖が続くのです。

無駄なお金が流れたり、人との関係、
子どもたちのこともうまく行かなくなるなど
不快なストレスに囲まれます。

我が家はなぜか大事な行事や子どものための
イベントなどの前に限って「こと」が起こるのです。

以前、家族で3日間の旅行をしたことがあります。

初めての旅行でした。ワクワクしながら
出かけたにも関わらず些細なことから
夫婦喧嘩がエスカレートし、険悪ムードに。

傷ついた私はずっとホテルの部屋にこもり
泣いていました。

今、振り返るとバカバカしいと思うのですが、
子どもたちも、とばっちりを受けて
かわいそうなことをしました。

そもそも、結婚とは人間磨きそのものです。

まずは、あなたの配偶者は先生なのだと
思ってください。

一番、苦手なタイプの先生かもしれません。

私が「夫婦は人生の修行場です」と説明しますと
クライアントさんは、意外にもすんなりと納得します。

「ええ、そうなんです!夫は私にとって一番手ごわい相手です」
「いつも、夫に対して緊張して、ぎこちなくなるんです」

言われてあらためて、考えると
「ああ、やっぱりそうか!」と納得するのです。

完璧な人なんていないのだから、当たり前なんです。

成長したら「幸せの生産工場」になれます。

私もこれを知った時、これはヤバイ!と
抵抗しつつも、心のどこかで
納得している自分がいました(笑)

でもいったん、これを受け入れると
夫婦は深みを増し、新たな向き合い方が
できるようになります。

修行というからには決して楽なものではありません。

熾烈を極めることもあるでしょう。

しかし、宇宙はあなたが越えられないような
試練は決して与えることはありません。

夫婦はたまたまとか、でたらめに出会っていることは
絶対にないのです。

その人の身の丈に合ったものが与えられます。

人間は生来、進化成長したいという本能を
持っています。

他人はあなたの成長なんてどうでもいいので、
あたりさわりなく付き合ってくれるでしょう。

距離を置いたり、関係を切ることもできます。

しかし、夫婦は違います。

自分の成長のための最良の相手なので
ダイレクトに自分の課題を突き付けられるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

http://www.fufuenman.com/wp-trackback.php?p=2635

PAGE TOP