結婚するということの意味

結婚とは何かについて、もう一歩、深く考えてみましょう。

結婚した夫婦は単に一対の男女ではありません。

結婚すると相手が長男だった場合、そこにあなたが嫁に
入る。という立場になりますね?

相手の親が亡くなれば親と同様にあなたがご主人側の家系の
責任者になります。

結婚し入籍したとたんに、一切の家系のことを背負う。
こんなことは結婚前後にあまり考えていない、という場合
が多いのです。

昔の結婚は家同士の結婚だったので、こういう意識は当たり前・・
相当な覚悟で結婚に臨むことは当たり前の通念だったのです。

現代は単なる男女の出会いが結婚だと勘違いしています。

しかし、中味は昔も今も変わりません。

結婚すれば互いの先祖の背景やそこに潜む問題点がいつかは
噴出するのです。

両家の家系が合流して起こることです。

これはごく当たり前のことで先祖の因縁とかいう以前に
互いの遺伝的なものが現れるということです。

先祖の生き方、価値観は我々にも継がれて来ます。

senzo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくも悪くも、お互いの血統を通して受け継いできた過去の課題が
どんどん現れことは避けられません。

ほとんどのカップルが結婚後に問題を抱える原因の
ひとつがこれです。

お互いに、以前とはまったく違う課題に
ぶつかるのでひどく、混乱したり、動揺したりしてしまうのです。

本人も自覚しない先祖のくせ、たとえばアルコール、ギャンブルなどの
依存症とか嫁姑問題、浮気性、などなど。

これはほぼ確実に遺伝します。

いつの間にか収拾がつかなくなり、こんなはずでは・・・。
と呆然とするのです。

どうしても家系という問題は避けることができないために
途方もない道のりのように感じてしまいます。

しかし、これが結婚の正体なのです。

悪いことばかりではなく、お互いの先祖のよき内容も
受け継ぐことが出来るのです。

それがあなたのお子さんの個性に現れるなど、いいことも
たくさんあるのです。

これはいったん、受け入れましょう。

ここでどういう行動をとるか?
これが夫婦コーチングでは指導します。

具体的な行動、どういうことを実践していくのか?
とても大事な学びをすることができるのです。
 

体験セッションはこちら

button_200-60_kaku_12_blue

 


にほんブロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

http://www.fufuenman.com/wp-trackback.php?p=722

PAGE TOP