プロフィール

DSCN0166伊東悦子
長野県生まれ。57歳。

小学校の頃、親の仕事で転校し、仲間はずれにあったことがきっかけになり友人が作れず、悲観的で暗い性格に。

振り返れば、小学校から短大まで学校生活が楽しかったという記憶はひとつもなかったのです。

さらに自分の家庭環境にも悩み、仕事も転々としました。
まさに現実逃避の青春時代。

一時、超能力や超常現象などにも興味を持ち、時には
UFOの存在を信じて一晩中、夜空を見上げていたり、
またOL時代は自己啓発のための瞑想やヨガの勉強をしました。

しかしその後も人生は相変わらず低迷し、会社の人間関係が悪化、
高校時代の親友の裏切りなどに遭い、人間不信になり最後は
自律神経失調症になりました。

重度の円形脱毛、摂食障害など、精神がどんどん蝕まれていくのが
自分でもわかり怖くなりました。

このままではダメ!
人生をリセットしなくては。と感じ、31歳で渡米、自分探しの旅に。

ニューヨークで日本人男性と結婚。結婚後は夫と娘に囲まれながらも
一方で家族がひとつになれずに葛藤する日々。

ある時、結婚問題を家系で解決するメソッドに出会うことに。

夫婦円満は幸せの最大要素であり、夫婦仲は人生を左右する原点だと確信。

すべての人生の悩み苦しみはどこから来るのか?
夫婦が機能不全に陥ることの弊害、子どもに与える影響など、
また夫婦問題の原点は家系、つまり先祖から受け継いだ要素や遺伝子によって
決まっていくこと。

また、血統から来る問題は避けては通れず、思考パターンや行動パターンは
自分の無意識の世界に根付いていること。
このことから結婚と人生のメカニズムをはっきりと知ることになりました。

現在は夫婦がどんどん進化し新たなリセットをしていくための具体的な方法を
体系化し指導しています。

これまで、多くのクライアントが離婚寸前の状況から息を吹き返し新たな
スタートラインに立ち未来に向けての希望を持つ、これがゴールです。

この体験を通し、奇跡を起せる夫婦愛の法則に基づいたコーチング
夫婦の未来を構築する手法はここにありと確信するにいたっています。

今後、さらに世の中は家族の絆がどんどん失われている中で
過去に培った自分の様々な体験が生かされていることに感謝する毎日です。

現在は離婚回避のための夫婦専門コーチングを行っています。
北米、インディアナ州在住。家族は夫、娘2人。

 

佐野さん 表紙

 

著書 「ほんもの夫婦」になれる6つの扉

アマゾンキンドル

(2013年8月キンドル総合第2位)

 

 

 

 

 

コーチングとカウンセリングの違いについて】

カウンセリングは、問題解決のために過去を振返り、
クライアントにふさわしいアドバイスや解決法を
与えるのに対し、コーチングでは、未来に向けての
プラスの行動変容を促します。

「これからの将来に向けてどう行動するか」という
部分に力点を置き、結果を出すためのサポートを
します。

たいていの人は潜在意識の中に問題の回答を持って
いますが、これを呼び覚ますためのきっかけを
与えるのがコーチの役目です。

夫婦問題は本人が自覚していないところ(家系や
生い立ちなど)に本当の原因があることを学ぶことで
配偶者に対しての目線が変ります。

私のコーチングは初期段階では過去の経過を
じっくりと伺いながらステップバイステップでの
アプローチを行います。
クライアント本人が気付きを得ることで、自発的に
自ら行動できるような流れとなります。

あくまでもクライアントが主役でありアドバイスを
受け入れるかどうかは本人の選択に
ゆだねられます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

http://www.fufuenman.com/wp-trackback.php?p=6

PAGE TOP