当たり前のことに感謝する生活

ちょっとしたはずみでとんだ、災難を受けることってあります。

それはお産で日本に帰り子どもが無事生まれ、3か月ほどたって
アメリカに入国するときに起こりました。

私たち家族は全員が永住者です。

ところが入国審査の時、一人の審査の意図的なミスで末娘だけを
旅行者として入国をさせたのです。

通常はそういうことはあり得ないのですが、弁護士に後で相談すると
「空港では人種差別的ないじわるをされることがある、
あなたたちはとても不運な人たちだ。」

と言われたんです。

それ以来、娘はずっと違法滞在者という立場で過ごさなくては
なりませんでした。

弁護士に高額なお金を払ってあれこれと審査を通り抜け
10年もかかりました。

それまでアメリカを一歩も出ることはできませんでした。

私はこのことがなぜ起こったのか?
と考えてみました。

簡単に永住権は取れるものではありません。

しかし、当時アメリカ永住権抽選プログラムというのが
あってなんとなく申し込んだら当たってしまったのです。

主人も私も安易に手に入れることができたのです。

アメリカにいる友人もこの永住権がないばかりに苦労している
人がたくさんいます。

永住権を持って何不自由なく生活していることに対する
感謝の心が足りませんでした。
MOK_murasakiironoajisai-thumb-1000xauto-13571

 

 

 

 

 

 

 

失ってみてしみじみと感じることでした。

何事も失敗してもそこから「多くを学ぶことができた」
と受け止めればそれはすでに失敗ではなく、よき経験となります。

そのような意識は生きる上でとても大事なことです。
たとえ想定外のことが起こっても最後は失うことはありません。

ただし、ここで一番、大事なことがあります。

今、恵まれていることに感謝していること。

夫婦の場合、これが大事なのです。

当たり前に会話が出来る。
夫婦として一緒に行動ができる。
気持ちをふつうに分かち合える。

こんなごく当たり前のこと、日常のことに深い感謝を持って
生活していくこと・・・。

ふっと忘れがちな感謝できる小さなこと。
それを見落としていた過去に気づくことです。

今からでも、それを実行することです。

不安や恐怖にかこまれるのは簡単です。
感謝の心が少なくなるとどんどん不安が増幅します。

ありきたりのことに感謝していくことは、ちょうど人生の
局面、局面に潤滑油を注入するようなものです。

人生に王道はありません。

ひとつひとつの出来事から何を学び、そこからどう人生の舳先を
変えていくか?

それができれば人生は失敗はないのだ。ということに
気が付くはずです。

何かを学ぶことができればそれはすでに失敗ではなく
進化のための通過体にすぎません。

体験セッションはこちら

button_200-60_kaku_12_blue

 

 
 
人気ブログランキング人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://www.fufuenman.com/wp-trackback.php?p=1142

PAGE TOP