夫婦の問題は正しい価値観がないから起こる

戦争が終わって70年・・・。

日本は敗戦国なのに、奇跡のような成長を遂げて世界トップの
経済大国にのし上がりました。

日本人てすごい民族なんですね。

それでは、そのごとくに心の世界も豊かになって平和になったのか?

いささか疑問です。

私が生まれた昭和30年時代までは離婚率はわずか5%たらずでした。

ところが今、40%です。

夫婦の戦争も親子の戦争は加速しているのが現実です。

この現実は何を物語っているのでしょう。

離婚が増加するだけでなく青少年問題、虐待、自殺やウツの問題も
年々増えています。

それは日本人が劣っているというわけではありません。

必要なのは正しい価値観、それが失われているのです。

ただ、それだけのことです。

ではその価値観はどこから来るのでしょうか?

実際に子どもの価値観は一方的に両親からの影響を受けます。

この世に生を受けてずっと親の元で様々なことを子供は学びます。

●人間関係に対する感情(人間関係が楽しいものか、面倒なものか)
●男女の関わり方
●金銭感覚
●夫婦のモラル
●自分以外の人間に対してどうあるべきか?

私たちはこれらの価値観を親から相続します。

しかもこの感覚は無意識、つまり潜在意識に蓄積されるのです。

潜在意識

 

 

 

 

 

 

 

人生観の基本のほとんどを幼少から日々、教育されて私達は大きくなりました。

しかもこの感覚は無意識です。

潜在意識というものは日頃は自覚されませんが、そういうものが
あることすら、わからないまま私たちは生きていることを
思い出してみましょう。

間違った価値観、ひとりよがりの信念・・・
このことに自覚がないのです。

普段は真面目、人柄もいい、なのにそんな人が突然、自殺したり
人を傷つけたり、刑事事件を起こす。

これはまさしく無自覚な感覚がその人をそのように行動させて
しまうのです。

家庭にあっては、その蓄積されたものが目覚めると夫婦間でとりとめのない
トラブルが発生します。

それは夫婦の中にだけ原因があるのではなくあきらかに潜在的な
価値観のぶつかり合いが生じていると言ったほうが正確です。

この潜在的な課題にメスを入れることなしに、夫婦の関係を解決することは
不可能に近いことでしょう。

本当の夫婦間に起こる問題の根本は、夫婦が出会う以前にあります。

この価値観はその人の人生の信念のようになっていること。

それが今まであなたが配偶者に対して「なぜ、いつもこうなの?」
「どうしてわかってくれないの?」と悩み続けてきた根本原因なのです。
体験セッションはこちら

button_200-60_kaku_12_blue

 

 
 
人気ブログランキング人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://www.fufuenman.com/wp-trackback.php?p=1213

PAGE TOP