夫婦問題は専門家以外に相談してはいけない理由とは?

夫婦問題は専門家以外に相談してはいけない。

つまり一般的な心理カウンセラーに安易に相談しては
いけないということです。

なぜでしょうか?

夫婦は恋人とは違います。

夫婦と恋人との立ち居地を分別できない場合、カウンセラーは時として
トラウマになるような言葉を言ってしまうことがあるのです。

クライアントに共感することは大事なのですが、クライアントに対して
あたかも被害者であるかのような言い回しをされることで
後々、心にシミのようなものが残ってしまうことがあるのです。

単なる男女関係と同じ扱いをされてしまうことで、大きな傷になって
しまったり、後で修復が非常に困難になってしまうことが起こります。

修復したいにもかかわらず法律家に相談する。
これもNGです。

夫とは元々、他人なのだ、という認識が刷り込まれ、夫婦であることの
価値観が変化してしまうこともあります。

修復のデメリットだけが心に刻まれてしまう。

そういうリスクもあるのです。

夫婦は恋人とは位置づけが違うということをよく理解しているカウンセラーに
出会う必要があります。

waves-circles-64168_640

 

 

 

 

 

 

 

マーフィー博士をご存知でしょうか?

潜在意識の第1人者と言える有名な方です。

この人も同様に「夫婦問題は夫婦専門のカウンセラーにのみ相談しなさい」
と指導しています。

このことはあまり重要視されない傾向があります。

しかし、夫婦の構図、つまり設計図を知らないまま、相談を受けていれば
解決どころかとんでもない迷路に入ってしまう、ということも
起こります。

夫婦は互いの人生に完全に責任を持って生きる立場です。

単に人間関係の解決方法のような指導を受けても、なかなか難しいのです。

夫婦問題はとてつもなく複雑で奥が深いので、一度、確執になって
しまったものは、夫婦の設計図を知ることでしか収拾はつきません。

体験セッションはこちら

button_200-60_kaku_12_blue

 

 
 
人気ブログランキング人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://www.fufuenman.com/wp-trackback.php?p=1315

PAGE TOP