離婚宣告をされた時が出発

夫婦は山あり谷ありといいますが、この事実を
どう受け止めて行動するか?

これを知っている人たちはほとんどいません。

ああ、そうか。
ぐらいに楽観視しています。

一旦、夫婦が崩壊すると、人生そのものが
狂ってしまうのではないか・・。
とさえ思うことが起こります。

夫婦は、半世紀というなが~い期間を二人で
乗り越えていく生活です。

そのためには、男女的な愛情レベルでは
到底ムリです。

夫婦が本物になれるかどうか・・・。
これを今、試されている。
と捉えることです。

どんなカップルも結婚して3年ぐらいたつと夫婦として
本格的な試練を迎えます。

その地点で互いの関係をあいまいにしてやりすごすと
なぜかまた、次の試練が来ます。

さらに10年ほどすると、仮面夫婦になってしまう
のか、離婚になるのかという危機を迎えるのです。

 

 

 

 

 

 

恋愛感情が失われるのが3年目なのですが
それと同時に離婚問題が起こることはある意味とても
自然なことなのです。

本来、夫婦は恋愛ではなく友愛で成り立つ関係だと
私は思っています。

友愛と言っても親友のような立場ということです。
結婚を維持させるための愛情です。

どんな危機も二人で乗り越える人生の同志に
なれるかどうか?が試されるのです。

離婚の危機は本物になるための夫婦の儀式のような
もので、一度、離婚問題が起こったからと
言って絶望的になることはありません。

どんなに熱烈な恋愛関係であったとしても、その情熱は
ずっとは続かないものです。

そもそも、人の心は変わるのです。

試練が来たらそこで終わりではなく、夫婦は峠を
うまく越えることができれば未来はあります。

夫婦には法則があって、一度、試練にぶつかった時
やり過ごしてしまうとその後がよくありません。

その後の10年、20年が決定的になります。
むしろここからが本当の夫婦としての出発です。

私のところに来られるクライアントさんは
「離婚宣告」をされた人がほとんどです。

いつもここからの生還です。

通常だったらそこでもう終わり・・・
というイメージですが、お互いに結婚に
対する勘違いをしているだけです。

ただただパニックになり
「私のどこが悪いの?」と攻め寄ったり
悲嘆にくれて悲しい顔をする、不快感をあらわにする。

どんなに妻が自身の悲しみを相手に訴えたところで
夫婦はもとには戻りません。

3年が過ぎたらそろそろ、信頼関係は
これから築いていくのだと思うことです。

コーチングではここをしっかりと指導するので
かなりの確率で生還します。

人生を歩む同志として前を向いていくため
一度、立ち止まってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://www.fufuenman.com/wp-trackback.php?p=2350

PAGE TOP