意外に重いカウンセラーの言葉の呪縛【夫婦修復のヒント】

夫婦修復という作業は実際に複雑で
高度であり大量の時間を投入する分野で
あることは間違いありません。

語学を学ぶとか、体重を減らす、
単なる何かのスキルを身につけるような
ものとは次元を異にします。

探偵を雇ったり法的措置を取ったりすれば
夫婦は一気に「他人という意識」の方向に
巻き込まれるでしょう。

さらにマニアルとか対処療法的な方法では
達成ができにくいものなのです。

速攻で結果を出すクライアントさんと、
なぜか立ち往生するクライアントさんが
います。

二つのケースの中味には、それほど
大きな違いはありません。

後者の方によ~く事情をお聞きすると
カウンセラーから言われた言葉の
呪縛に苦しんでいる場合が多いのです。

「このケースは、たいてい元には戻らない」
「普通は離婚」
「離婚も視野にいれましょう」
などなど、離婚のキーワードを相手に

数回投げかけると、どうなるでしょう?

修復というのは垂直の壁をよじ登るような
戦いです。

なかなか前に進めない方のケースは
「潜在意識的なしばり」がかなり大きいことを
感じてきました。

ただでさえ、夫から「離婚、離婚!」と言われて
いますから、カウンセラーの言葉がさらに
上書きされて潜在意識に刻まれるので
パワーを奪われてしまうのは
いうまでもありません。

「現状維持のまま、見ざる聞かざる
を通しなさいとアドバイスをされたので、
その通りにしたら別居生活がもう
3年目になってしまった。」

そんな事例もお聞きしています。

まずは、夫婦修復の場合そのカウンセラーが
本物かどうか?

これを「見極めるポイント」があります。

今はたくさんの夫婦アドバイザーが
目白押しですが、原則として潜在意識の
システム知って指導する人が安全です。

また「プライベートと仕事は別」と割り切って
いる方は難しいでしょう。

修復作業は命がけです。
語る側の家族関係が、正常値でなく崩壊していたら
説得力がないでしょう。

夫婦相談を仕事だと割り切っている人ほど
ありきたりのマニュアルに従って
指導してしまうのです。

どんなに著名な人であっても、
その人自身の夫婦関係が本物でなければ、
およそ説得性もないと言えます。

私がなぜ、このようなことにこだわるのでしょうか?

それは相談者は家族が崩壊するか否かの
危機にあるからです。

相談者が家族を必死で守ろうとしている
その心理に寄り添いながら、どこまでも
修復ありきで指導する。

これが夫婦カウンセラーのポジショニング
だと確信しています。

体験セッションのご案内はコチラ

お知らせ

心が軽くなる夫婦のルールを知る無料メルマガ
を希望の方はコチラをクリック

体験コーチングのご案内はコチラ

メルマガ応援ありがとう^^
にほんブロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://www.fufuenman.com/wp-trackback.php?p=2559

PAGE TOP