無意識レベルの感情が結果を止めている

潜在意識は理屈を超えた感情のデータバンクです。

潜在意識とは「無意識」の心の世界です。

自分は必死に幸せを求めているのですが、
無意識の心がこれを抑圧してしまう。

このことは自覚がないばかりか、
カウンセラーも気がつかないことが多いのです。

カウンセリングをずっと続けているにもかかわらず、
一向に結果が出ない人がいます。

そうかと思うと2ヶ月足らずで、あっけなく
結果を出す人など、実に様々です。

ずっと結果が出ない人の場合は、
あっちがダメならまたこちらと
カウンセラージプシーのように
はしごをしている場合が多いのです。

もしかしたら自分とカウンセラーの相性に原因があるのかも
しれないと、考えるからなのでしょう。

もちろん、それも理由のひとつです。

しかし、なかなか結果の出ない人には
特徴があります。

●夫をぜったいに許せないと感じる
●夫との親族との関係が悪い
●カウンセリングを受けたら相手が変化するかも・・・と期待している

これらの思考が無意識レベルにあると
なかなか結果がでません。

潜在意識は我々の現象世界を操作します。

クライアントが前向きでそれなりに頑張って
いるにもかかわらず、それに気づかないと
空回りになってしまうのです。

あれこれと新しい手法を用いて指導するのですが、
なぜか不思議に時間ばかりが過ぎていきます。

まず、夫婦問題の解決は相当に高度な精神的
変化が要求されます。

夫婦は互いの運命の共有をする関係なので双方の
課題と家系的課題が一気に出てしまうからです。

クライアントの潜在的な課題を書き替えるしか
本質的な解決にはなりません。

まずは自分の潜在意識の中身に注視しましょう。

今自分の中にある感情がどんなものなのか?

見たくないものかもしれないですが、そこに勇気を
持って向き合うことです。

その感情を洗い出して、本当に自分が
何を目指しているのかを明確にすることです。

家族は命がけで守るものと理解して

自分に誠実に行動することで解決の糸口を
見つけていくことが第1です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://www.fufuenman.com/wp-trackback.php?p=2668

PAGE TOP