男性の帰宅恐怖症【夫婦修復のヒント】

「帰宅恐怖症」はほとんどの場合が男性で、
女性にはほとんど見られないものです。

男性には女性とは家に対する観念の違いがあります。

 

●妻にとっては家は生活の場
●夫にとっては家は安らげる場所

 

妻にとって、家庭というものは生活の場そのものなので
外で用が済めば、当たり前のように家に戻ります。

 

ところで夫にとっての家庭とは何でしょう?

そこは“安らぎ”や“癒し”を感じる場所だと認識しています。

 

自分の家でありながら居場所がない、自分が

ゆっくりとリラックスできないと感じると、ここは
自分のいる場所でないと判断し
男性は家に帰りにくくなります。

 

 

ここでいう居場所とは「心の居場所」のことを言います。

男性は家庭に以下のようなことを求めます。

・何より自分が優先されている
・すべて受け入れられ、信頼されている
・足を伸ばしてゆったりとリラックスができる

このような条件が満たされていないと
「ここは俺の居場所じゃないぞ」と思うのです。

 

奥さんや子供たちからの尊敬が感じられなかったり
休息を脅かされるような気配を感じると、
男性は次第に家へ帰ることに抵抗を感じてしまうのです。

まっすぐ家には帰らず、寝る時間ギリギリになるまで
時間を潰すようになります。

仮に早く帰ったとしても、自分の部屋などに
引きこもってしまいます。

 

妻がこのような夫の心理がわからないままで
いることはとても危険なことです。

 

次第に男性は「自分の居場所探し」を始めます。

ほとんどの不倫問題の引き金は、「居場所探し」
なのです。

 

旦那さんの女性問題が起こった後からやり直す
というのでは、大変なエネルギーを必要とします。

まずは男性の特性をよく知り、これまでの
経緯を振り返ってみましょう。

 

このリスクを避けるためにはこれら男性の特性を
よく知ることが大切なのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック URL

https://www.fufuenman.com/wp-trackback.php?p=2799

PAGE TOP