結婚できない男性の背景とは?

昨今、結婚せずに40代、50代を迎えている
人たちがとっても多くなっています。

最近の男性は、草食系が多い、優しくて繊細、
とかいわれています。

私の知り合いでも、40代、50代の娘が結婚する気がまるでない。
一向に息子が嫁を迎えられない。と悩むお母さんがいます。

a1380_000009

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、2000年には80万件だった婚姻件数が
2013年にはなんと60万件に激減しているのです。

これは離婚の増加と関係があります。

2万件以上の家系を調べている専門家のデータによると
浮気、離婚が多い家系は長男の結婚運が弱いという
傾向があるそうです。

30代はまだしも40代になってしまうと男性は
どうしても結婚に対する気力が萎えてしまう、という
傾向があります。

自由気ままに生きることが板に付いて
腰が重くなることはあるでしょう。

結婚するにはそれなりの気力、エネルギーが必要です。

実はこの「結婚したくない症候群」には隠れた
原因があります。

実は、そこにはもうひとつの原因、
先祖が離婚再婚を繰り返している場合。
この背景が問題になります。

一人で複数の女性と結婚、再婚、不倫をした場合、
「妻の在庫切れ」が生じるのです。

これは、すでに先祖が複数の女性を取ってしまったので
もう子孫には奥さんが回ってこない。
つまり、「奥さんの在庫不足」です。と宇宙法則が
結婚運をストップするのです。

本人はなんとなく面倒だ、腰が重い、ぐらいの自覚
しかないかもしれません。

昔は若い年齢でみんなが当たり前のように結婚をしていたのです。

最近の離婚の増加、家庭崩壊は宇宙法則からすれば、
不適切な行為であり家系が衰退する原因にもなる
ということです。

時には「在庫過剰になっている男性」が恋愛対象になり
甚だしい場合、同性愛に走ることもあります。

子孫が絶えて絶家しまうのです。

家系が衰退している現代はこんな隠れた課題が
背後にあります。

結婚のあるべき本来の原型が壊れてしまって正しい形を
子どもに受け継ぐことが難しくなっているのです。

結果にはその原因があります。
結婚も同様に因果関係があることを視野に入れることで
何かが見えてくるのです。

 

体験セッションはこちら

button_200-60_kaku_12_blue

 


にほんブロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://www.fufuenman.com/wp-trackback.php?p=706

PAGE TOP