離婚男性は寿命が短くなる

男性の平均余命は未婚か有配偶者によって約9年以上
違いがあることをご存じでしたか?

実は 国立社会保障・人口問題研究所調べによると、
未婚男性の平均寿命は70.42歳なのに対して、
既婚男性の平均寿命は79.06歳になります。

収入も既婚者のほうが多く、未婚男性のほうが
貧困状態になりやすいのです。

結婚しているということが健康的にも精神的にもよく
生活環境もよくなることを表しています。

lgf01a201311211900

 

 

 

 

 

 

 

お金も一人身よりもずっと増えていくということです。

特に晩年離婚した男性は急に生命力がなくなり、
気力も衰えると言われています。

妻がそばにいることで食生活も改善され、子どもがいれば
さらに生き甲斐や精神的な安定が得られるのですね。

これを見ると離婚が人生のストレスになるかを物語って
いることがわかります。

男性のほうが離婚後に精神的にもダメージが大きいのです。

女性は実際に離婚しても寿命は変わらず、いざとなると
たくましく結構頑丈な部分があるものです。

結婚生活は人の生命を守り健康にします。

長生きと健康維持のためには、「離婚をしない」こと。

しかし、もっと大事なことはストレスを抱えない
夫婦関係を持つことです。

夫婦愛の法則メルマガ登録はココをクリック!←

体験セッション申し込みはコチラから!←

人気ブログランキング人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://www.fufuenman.com/wp-trackback.php?p=882

PAGE TOP